days

WE WISH YOU A HAPPY NEW YEAR!!

WE WISH YOU A HAPPY NEW YEAR!!

2023 WE WISH YOU A HAPPY NEW YEAR!!
It’s best to stay mellow…

新年あけましておめでとうございます。
本年も何卒よろしくお願いいたします。

“EROSTIKA NAGOYA & STAYMELLOW”の実店舗の営業開始は1/7(土)12:00〜を予定しております。

“STAYMELLOW LAB.”に関しましてはオープン日が決まりましたら再度告知させていただきます。なお、1/7(土)も一応店舗には居る予定ですのでお時間あればお立ち寄りください。

本年も皆様の御来店&ご利用をお待ちしております。





“EROSTIKA NAGOYA & STAYMELLOW”
460-0011
愛知県名古屋市中区大須3-5-1 鈴木ビル #602
Tel : 052-249-8918
mail : info@staymellow.net

“STAYMELLOW LAB.”
460-0011
愛知県名古屋市中区大須3-5-1 鈴木ビル #201

WE WISH YOU A HAPPY NEW YEAR!!

WE WISH YOU A HAPPY NEW YEAR!!

2022 WE WISH YOU A HAPPY NEW YEAR!!
It’s best to stay mellow…

新年あけましておめでとうございます。
昨年は新店舗”STAYMELLOW LAB.”もオープンさせていただき心機一転頑張る所存です。
本年も何卒よろしくお願いいたします。

“EROSTIKA NAGOYA & STAYMELLOW”の実店舗の営業開始は1/3(月)12:00〜を、”STAYMELLOW LAB.”は1/7(金)12:00〜予定しております。

本年も皆様の御来店&ご利用をお待ちしております。


“EROSTIKA NAGOYA & STAYMELLOW”
460-0011
愛知県名古屋市中区大須3-5-1 鈴木ビル #602
Tel : 052-249-8918
mail : info@staymellow.net


“STAYMELLOW LAB.”
460-0011
愛知県名古屋市中区大須3-5-1 鈴木ビル #201

WE WISH YOU A HAPPY NEW YEAR!!

WE WISH YOU A HAPPY NEW YEAR!!

2021 WE WISH YOU A HAPPY NEW YEAR!!
It’s best to stay mellow…

新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

EROSTIKA NAGOYA & STAYMELLOWの実店舗の営業開始は1/8(金)12:00〜を予定しております。

また本日より新年を記念いたしましてSTAYMELLOW OnLineSHOPにて”STAYMELLOW「福」袋 2021″の通販を開始しております。

●「福」袋 2021の通販は こちら から

 

本年も皆様の御来店&ご利用をお待ちしております。

 

備忘録2020_04

備忘録2020_04

つづき

を書こうと思ったのですが、自分には文才が無く思いというか本心というかが全く伝わらないことが理解できたのでもうやめようと思います。ご心配をおかけした皆様申し訳ございませんでした。

ただね、一つだけ言っておきたいのは、自分は去年の4月から給料は取ってないってこと。もちろん個人事業主なんで店の売り上げは自分の収入って形になるんだけど、店を回すためにある程度のお金はプールしておかなきゃいけないんで自分が経費以外で店のお金を使ったってのは0ってことです。それでも店にお金を残せば税金は取られるしでここ一年以上はなんのために生きているのかは分からなくなってたってことだけはご理解いただけたらありがたいなと思ってます。


日本語というか文章って難しいですね。。。

とりあえず先日のBlogから今までに起きた事を箇条書きにしておきます。


・藤村さんと話してスッキリして前向きになれた
・藤村さんと話して店舗運営以外の新たにやりたいことが出来た
・4月は赤字だったけどどうでも良いかと思ってる
・5月になっても非常事態宣言も解除されなかったし休業要請も解除されなかったけど仕方ないと思ってる
・そんな中で5月末に拡張する事を決め不動産屋に伝えた
・5月はトントンだった
・6月に赤平に泊まりで4日くらい行った
・店舗以外の新たにやりたいことが固まってきた
・6月もトントンだった
・7月に藤村さんと10時間耐久焚火をしてすげー色々話した
・実現したら面白い話だらけ

・不動産屋さんが使えないので未だに諸々揉めている最中

という事で未だ何も決まってないです(笑


明日、9ヶ月振りに名古屋に一旦戻り諸々の仕事を片付け

2020年7月20日

に全てが決まります。


拡張するにしても移転するにしてもEROSTIKA NAGOYA(及びSTAYMELLOW)は店舗として継続させます。これだけは決めています。

詳細は決まり次第必ずお知らせさせていただきます。


ということで、今後ともEROSTIKA NAGOYA 及び STAYMELLOW をよろしくお願いいたします。

備忘録2020_03

備忘録2020_03

3月になりコロナの状況はどんどん悪化していった。日々変わっていく状況に、果たして隣を借りるべきかそれとも移転するべきかもっと他にいい方法は無いのか、一度は拡張と決断したにも関わらず考えても答えの出ないというか出せないことでずっと悩んでた。中旬頃に不動産屋から図面や契約内容なんかの連絡が有った。BOUNTYは17年、うちは又貸しとはいえ10年も同じ場所で運営していたので、契約も引き継ぐというかスライドというか補償金なんかに対して多少の温情が有るかと思ったんだけど、不動産屋が提示してきた条件はBOUNTYから聞いてた現状の家賃より高く、補償金も新規の契約と同じでとのことだった。不動産屋も商売だからより良い条件で早く契約したいのは理解できたけど、オリンピックが延期か中止になるかもって時期だったし、家賃も上がるってことだったんで今すぐ判断することは無理ですと伝え3月末まで返事を待ってもらうことにした。ただこの時に不動産屋が言った「この条件(家賃値上げした状態)でもいくらでも借り手はいるんで」という言葉は忘れないよ。

結果、オリンピックは延期になり、東京やその他の都市部で感染数がどんどん増え、3月末での判断は無理だと伝えた。その頃になると不動産屋もBOUNTYも大家さんも深刻な状況だってわかってきたみたいで4月末まで返事を伸ばすってことで落ち着いた。この段階でやっと不動産屋が、家賃は現状通り+補償金も1ヶ月分減額という条件を出してきた。それでも返事が出来ないくらいコロナの猛威が日本中を襲い始めてた。

4月になり、とうとう主要都府県に緊急事態宣言が出されるとの情報が飛び交った。店舗に対しては休業要請が出るかもとも。とりあえず営業時間短縮で対応した。そしてとうとう4/7、主要都府県に緊急事態宣言が出された。この時愛知県は緊急事態宣言が出なかったんで様子見してた。しかしお客さんの数はどんどん減っていった。ちょっと遅れて愛知県独自の緊急事態宣言が出た。タイミング良いのか悪いのか愛車のダッジも故障して動かなくなったと連絡があった。。。
1週間ほどして休業要請が県から出た。うちのようなアーティストの作品や雑貨やアパレルなんかを扱う店舗が休業要請の対象になっているのかわからなかったけど、とりあえずお客さんや洋三の感染リスクを減らすために店舗は閉めた。


全てが終わったと思った。


しばらく店舗の売り上げが無くなってしまうなんて想像すらしてなかった。それもいつまで休業要請が続くのかもわからない状況だったし。4月は毎年進学やら転勤やらで新規のお客さんが来てくれたりゴールデンウィーク需要なんてのもあって本来ならまぁまぁ売上はあるはずなんだけどそれが全て奪われることに戦慄を覚えた。マスクは2枚もらえるらしいけど、持続化給付金ももらえるのかわからなかったし休業補償ももらえるかわからずの状態で。


もうどうすれば良いのか完全にわからなくなってた。


僕らが考えていた新しいビジネスってのはギャラリー的なユーティリティースペース。なんで人が集まらないことには成り立たない。でも果たして9月から隣を借りて新しいビジネスを始めたとしてその頃にコロナは収まっているのだろうか?効果的な治療法はできているのだろうか?収まっていたとしても以前のようにお客さんは来店してくれるのだろうか?。もし収まっていなかったらただ家賃が倍になり保証金やら内装やらにお金がかかるだけでメリットゼロというかマイナスが増えるだけじゃ無いかと思ってきた。ちょっと前まで店舗を閉めるってことは考えてなかったんだけどそれすら怪しくなってきた。例えばこれが1年も続いたらもちろん持たない。1年と言わず半年でも無理。頑張って3ヶ月が良いところ。通販だけでやるならそもそも店舗なんかいらない。もういっそ安い店舗営業も可能なマンションとか倉庫とか借りて落ち着くまで内装とかもやらず仮営業と通販主体にした方が良いんじゃやないかという考えも出てきた。

誰が悪いわけでも無く誰に聞いてもいくら考えても答えが出ないことで悩む日々がずっと続いた。


そんな頃に藤村さんが赤平に籠り出した。自分は2ヶ月ほど家に篭っててほとんど人に会ってなかったので赤平に行っていいですか?と連絡してみた。

泊まれないけど来ても良いよと返事が来たので行くことにした。



…つづく…

備忘録2020_02

備忘録2020_02

名古屋店は元々BOUNTYHUNTER NAGOYAを半分にする形で始まりました。契約的にはBOUNTYからうちが半分場所を借りているという形になります。ショップインショップ的な。悪い言い方すると又貸し。

2月の頭にBOUNTYからBOUNTYHUNTER NAGOYAを8月末に閉店したいとの連絡があった。僕の住む札幌ではゆきまつりの開催時期が迫っていて観光客が押し寄せたらコロナはどうなるのかな?という雰囲気で日本全体でも問題になりかけていた頃です。でもまだ海の向こうの話って感じで僕もそんなに切羽詰まった感じは無かった。BOUNTY側もコロナなんて東京は大したこと無いですよって感じだった。とりあえず2月末までにどうするか返事をくださいとのことだった。


やっと負債が無くなり、やっと名古屋店を続ける意義が出来た途端にこれかと。。。


うちはBOUNTYから又貸しで借りているので、BOUNTYが解約するなら一緒に出なければならない。その時点での選択肢は2つ

「隣をBOUNTYから正式に引き継いで借りて拡張」か「移転」の2択。

ここからまた地獄のような悩みモードに入った。単純に隣を借りたとしても家賃はもちろん倍になるし内装工事や新たに契約し直すとなると百万単位で金はかかる。一方移転にしても出るときのスケルトン費用や移転先の契約金と内装工事なんかでやっぱり百万単位の金はかかかりそう。移転先の家賃や契約金が抑えられれば良いけどどうなるかわからないし。

金も無いしもう名古屋は閉店して落ち着いてから札幌とか大阪とかに新しい店作ろうかなとか考えたりもしてたと思う。完全にマイナス思考になってた。だけど店を閉めるわけにはいかない理由があった。6月には洋三ちゃんに子供が産まれるからだ。産まれたばかりの赤ん坊の親父が無職だなんてそんな悲しい話は無いなと。(6/18に無事産まれました)
あれやこれや考えても金が増えるわけでも無いんだけど一日中どうすることが最善かずっと考えてた。悩みに悩んでここは多分勝負時なんだと思い、洋三に新しく始めたいビジネスの展望を語り説得して納得してもらい隣を引き継いで借りて新しいことを始めようと決めた。

そう、決めたんです。一度は。

で、中旬頃にBOUNTYにも一応引き継ぐ形にしたいので不動産屋さんに連絡をお願いしますと伝えた。

2月末が近づいてきた頃どうもコロナの雲行きが怪しくなってきた。北海道での感染者がどんどん増えていき独自の緊急事態宣言が出されるかもと。この先日本全国に広がって非常事態宣言が出されたら商売なんかしてる場合じゃ無いな、というかそれこそ拡張なんかしてる場合じゃ無いなと思ってきた。不安はだんだん現実になって行き北海道で緊急事態宣言が出されることになった。東京はまだそんなに感染者もいなかったので、いや今となってはいなかったなんて嘘でオリンピック開催に向けて隠してたんじゃ無いかと思うけど、BOUNTY側から「引き継ぎの件どうしますか?」って軽く聞かれて何かが壊れた。

あーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーって
なってその夜、育ての母親が亡くなって以来二十数年ぶり丸坊主にした。


北海道にゆきまつりで観光客が来てコロナが増えてるのに、その時点で国内海外含め自由に行き来できている東京や名古屋やその他の都市で感染者が出ないわけないじゃやんとこっちは思って答えも出ないことまで色々考えてるのに、そんなこともお構いなしで話を進めようとしてることに精神が耐えられなくなったんだと思う。

丸坊主にしてちょっとスッキリしたんで次の日にBOUNTYに電話して、とりあえず引き継ぐ方向で考えますけどコロナの状況次第でどうなるかわかりませんと伝えた。



ちなみに丸坊主をいぢってくれたのは今のところハッピーとジェリビンと佐野ちゃんだけ(笑
ハッピーはいぢるというか丸坊主にしたのをどこで嗅ぎつけたのか知らないけど心配して夜中にLINEくれた。「何あった?大丈夫か?話聞くよ!」って。その日は本気で夜通し泣いたよ。。。



…つづく…


ハッピーことフーテンの純さん(怒髪天)が配信ライブやるらしいので皆様是非とも!

備忘録2020_01

備忘録2020_01

決断してから早1ヶ月。

何も決まらず何も進まずでストレスだけが溜まる日々を過ごしています。

コロナ憎し。。。


さて、Blogを書き始めてから遠回しに色々お知らせして来ましたが現状置かれている状況をお伝えしておきます。


簡潔に言うと名古屋の店は8月末までに「拡張」か「移転」かを迫られている状態です。
「閉店」って選択肢も残ってるんだけど現状それは無しで考えてます。


なんでそんなことになっているのか書いてみます。
自分の備忘録みたいなものなんでご興味ある方だけお読みいただければと思います。

まずは昨年行われた水曜どうでしょう祭での大失敗から話は始まります(笑


2018年の年末、藤村さんはじめHTBの方々やキャラバン関係者の皆さまが我が家に集まって忘年会をしてた時に祭りの概要を聞いた。そこで祭はキャラバンより来客が多いと聞き妄想を膨らませた、その数30,000人。さらに通し券は販売しないという情報も得て通常のキャラバンより在庫を積もうと藤村さんとも盛り上がり思いつく商品を片っ端から製作した。ちなみにバッタ屋の商品に関しては全部自己資金でやってます。あのお二人からももちろんHTBからも資金は出してもらって無いので、手持ちの金なんかでは全く足り無い。前年の在庫もまだまだ残ってたしね。納品のタイミングをずらしたり支払いを後払いでお願いしたりしてなんとか商品を作った。まぁキャラバンに関しては毎年こんな感じでやってたんだけど今回は桁が違うんで相当ビビってた。売れ残ったら本当に人生終わるなと。
作ったというか発注したのは良いけど在庫置き場はオフィシャルでは用意しないとか搬入時にブースまで車の乗り入れは無理とかが次第にわかってきて、この時点で相当心身共に参ってたんだけどこれは泥沼のただの始まりに過ぎなかった。。。

いざ祭が始まってみたら想像以上に売れない。初日はなんとかなるかなと思ってたけど2日目が終わった時点でまずいなと思った。3日目の朝、藤村さんに相当ヤバいですと伝えたら他のお店も全部ヤバいよと言われ、自分も終わったなと悟った。

まず決定的にキャラバンと違ったのはお客さんの層。
後から冷静に考えれば簡単に分かる話なんだけど、キャラバンってのは水曜どうでしょうが好きだっていうのは大前提でそのうえでディレクターのファンという方が多い。一方祭は出演者のお二人のファンの方が圧倒的に多い。キャラバンに参加したことのない藩士の皆さまにとってはバッタ屋なんて「何それ?」って存在だったということ。

二つ目に通し券が無いのに3日間全部参加していた藩士の数の多さ。
ある程度の方は3日間来るだろうと予想はしてたんだけど想像以上でした。初日は雨の中並んでくれた藩士の皆さまが多く居たのですが、2日目、3日目とどんどんバッタ屋に来てくれるお客さんが減っていくのが感じられると共に、見たことある顔が増えていく恐怖ったら無かったです。

三つ目が場所の悪さと天候。
祭りに参加された方はご存知かと思いますが、バッタ屋が出店した場所はメインステージからも一番遠い端っこ。入場時に人が通るだけでそれ以降はほぼ人通りが無くさらにその動線に背を向けた配置。もちろん人を誘導してくれる優しさなんて皆無。そしてなぜかバッタ屋はステージでの紹介も3日間無し。仕方なく移動販売してたらこってり怒られて禁止命令。バッタ屋も他の出店者さんと同じく出店料払ってるんです、何十万とね。というか在庫置き場が無いので仕方なく2ブース借りたんで単純に倍払ってます。そしてスキー場なんで坂道がキツかったのと初日&2日目は雨、最終日は晴れたけど寒さ来襲という最悪な現場の状況にお客さんの動きも鈍く完全敗北で終了。

他にも、お客さんの移動がバスかタクシーに限られていたので買い物の量を減らす方が多かったり、オフィシャルのコラボ商品の多さだったり、直前になって折りたたみイスはゲレンデでの使用が禁止されたりと色々な理由があるんだけど、とにかくこっちが勝手に盛り上がって様々なことを読み間違えた結果惨敗だった。流行りの自己責任ってやつ。

祭が終わった時点で半分以上在庫が残り、数百万円の負債を抱えた時は本気で夜逃げしようと思ってた。

その後、通販でなんとかトントンまで行って支払いがなんとかなって、新年のSALEで多少プラスになってようやくひと安心出来ました。お買い上げいただいた皆様&通販業務を頑張ってくれたスタッフには感謝しかありません。しかし在庫ってのは資産として計上しなくちゃいけないので税金はがっつり取られます。もしかしたらまだトントンくらいかも。まだまだ在庫ありますので気になる商品ありましたらよろしくお願いいたします。

新年を迎えてひと段落したところで名古屋店の扱いというか立ち位置をどうするかって話がEROSTIKA内であってそれもすげー悩んだんだけど、公にすることでも無いので割愛します。でもこの話は一生忘れられない事件だったんでこの先も何かあれば思い出しては悩むんだと思うけど。この件でも相当凹んだな。

そんなこんなで祭前から1月末までずーっとお金のことやら店の将来やらを案じながら過ごしてたんで相当心が疲れてました。が、やっと負債も無くなり名古屋店もこのまま継続という結果になりあとは節約さえすればなんとかやっていけるなぁと落ち着き始めた2月の上旬に珍しい番号から1本の電話がありました。


「BOUNTYHUNTER NAGOYAを8月末までに閉めたいと思います」と。



…つづく…

魔太郎パーカーJr.

魔太郎パーカーJr.

洋三から無事に子供が産まれたと連絡が有った。

良かった。

こんな時代だから立ち会いも出来ず、我が子に会えるのも来週になるらしい。

でも良かった。

ナツも本当に頑張ったと思う。

二人ともおめでとう。


本当の名前はまだ知らないけど、この間ジェリービーンと電話して
「魔太郎パーカーJr.」
と命名した。勝手に。。。


僕は産まれてから両親に一度も褒められたことがない。何を言っても何をやっても全て反対され押さえつけられ全否定されて生きてきた。結果親とはずっと疎遠だし結婚もしてないし子供もいない。家族とか血の繋がりってもんに何の価値も見出せなかったからね。

だから洋三よ、魔太郎パーカーJr.が良いこと言ったり良いことした時にはすげー褒めてやってくれ。もちろん悪いことした時にはきつく叱ってやってくれ。洋三と母ちゃんが今でも仲が良いように、ナツと魔太郎パーカーJr.といつまでも仲良くやって欲しいと心から願ってるよ。


そして洋三が親となった今だからこそ、俺のこともたまには褒めてくれ(笑

洋三とナツと魔太郎パーカーJr.へおじさんからこの曲を送ります

Malibu Beach

Malibu Beach

本日、ヒゲビエ綿マスク、Leopard pattern Cotton Mask、BLOOD CAMO MASK CASE、をご注文いただいた方へ第二便を発送させていただきました。発送メールも送らせていただきましたのでご確認よろしくお願いいたします。

あともう少しで全てのお客様へ発送出来ると思いますので、まだ発送メールが届いていないお客様はしばしお待ちくださいませ。


今日はMACH PELICANの”Malibu Beach”って曲貼っておきます。先日Blogに書いたSpazzysの兄気分的存在のバンドでオーストラリアで活動してた日本人3人組。ラモーンズ直系のわかりやすいパンクサウンドですんなりとツボに入った。ラストライブは2007年に渋谷のLUSHで行われたんだけどすげー良かった思い出。是非もう一回見たいバンドの一つ。

“Malibu Beach”ってタイトルの曲だとHANOI ROCKSの”Malibu Beach Nightmare”が有名だと思うけど、しっかりインスパイアされたマッペリの”Malibu Beach”も最高にかっこいいと思う。

My Car Doesn’t Brake

My Car Doesn’t Brake

本日、ヒゲビエ綿マスク、Leopard pattern Cotton Mask、BLOOD CAMO MASK CASE、をご注文いただいた方へ第一便を発送させていただきました。

発送に関しましてですが、ご注文いただいた順番では無く、お振込をいただいた順番に製作し発送させていただいておりますので予めご了承くださいませ。


今日の1曲目がこれだったので貼っておきます。
オーストラリアのガールズバンドSpazzysの”My Car Doesn’t Brake”。ちょうどEROSTIKAを始めた頃来日してて見に行って速攻ハマった。一緒にSpazzysにハマった相棒のジュンが突然オーストラリアに行くと言い出したのにはびっくりしたけど(笑

この曲のタイトルで有りサビでもある”My Car Doesn’t Brake”は、日本が誇るパンクバンドTEENGENERATEの”Dressed In Black”のリスペクトだと聞いた。彼女達には”Dressed In Black”が”My Car Doesn’t Brake”に聴こえたんだと。。。

カイちゃん

カイちゃん

若い頃、博報堂という広告代理店に勤務してるカイちゃんという50過ぎのおぢさんに遊んでもらってた。カップヌードルのCMとか創ってたらしい。ハングリー?ってやつ。なんか気に入られてて呑みに行ったり馬券買いに行ったり半年くらい毎週のように遊んでもらってた。ある時いろんな業界の方が集まるイベントがあってクラブみたいなところに連れてってもらった。そこでスーツ姿で騒いでる若者集団が居て「お前あいつらのところに行って『仕事なんですか?』って聞いてこい」と言われた。そして「もし会社名だけ言われたら『それなんですか?』って聞け」と。僕はその集団のところに行き「すみません、お仕事は何されてるんですか?」と聞いた。そしたらその若者の集団は

「電通」

とだけ答えた。僕はカイちゃんの言いつけを守って「電通ってなんですか?」と聞いた。その若者の集団は「お前電通も知らねえの?」「馬鹿じゃねぇの?」みたいなことを代わる代わる言ってた。しばらくしてその場にカイちゃんが来て「俺の連れが何か失礼でも?」とか言ったらその若者達は「あ、〇〇さんのお知り合いの方でしたか…」みたいな感じで大人しくなってどっかに行っちゃった。その後行った呑み屋で「仕事を聞かれて会社名しか言えないようなつまんない人間にはなるなよ」「本当に自分の仕事に自信があったらサラリーマンだろうと公務員だろうとアーティストだろうとフリーだろうと仕事の内容を含めて言うもんだ」とカイちゃんに言われた。有名な会社に入ることがゴールでどうするんだ、これから何十年も働かなきゃいけないのに、どうせあいつらはコネだけどな、みたいなことも言ってた気がする。

カイちゃんがすごかったのは「カイ」ってのは偽名だったこと。偽名なのはもちろん僕は知ってたんだけど、呑み屋とか知り合いの芸能人とかにも「カイ」で通してたこと。博報堂で働いていることは周りも知っていたとは思うんだけど、本名を知られてないから会社に電話来て「カイちゃん居ます?」と言ってもそんな人は会社に居ませんって言われるだけだから楽なんだよって笑ってた。名字は本当のを名乗ってたんだけど会社に同じ苗字が3人居るから安心だとも。
最後に呑みに行った時に本名の博報堂の名刺をもらい「もしお前が本当に困ったら電話してこい」って言われたのは良い思い出。

その後、特に困らなかったから1回も電話しなかったし、僕も引越しとかして連絡先変わっちゃったから連絡取れなくなっちゃったんだけど、何年も前に亡くなったと聞いた。携帯が無い時代だったから気軽に連絡も取れなかったのが悔やまれる。

なんか電通が話題になってたから思い出した話でした。僕の中では昔から良いイメージは全く無いよと。

あれから何十年か経つけどカイちゃんに言われた通り初対面で仕事を聞いて会社名しか言わなかった人間で仕事出来る人間は見たことがないよ。


というわけでカップヌードルのCMに使われてた曲で印象深い「そして僕はまた途方に暮れる」を貼って終わりにします。自分の中では「カップヌードル3大CM曲」と定義づけてる残りの2曲「ff」と「翼の折れたエンジェル」も捨てがたいですが。。。探してたらCMをまとめた動画を見つけたのでそれ貼っておきます。良いCMだなぁ。。。 このCMにカイちゃんが関わってるかは謎だけど(笑

They Don’t Know

They Don’t Know

ヒゲビエ綿マスク、Leopard pattern Cotton Mask、BLOOD CAMO MASK CASEにたくさんのご注文いただきありがとうございました。

おかげさまでヒゲビエ綿マスクとBLOOD CAMO MASK CASEは初回生産可能数に達しましたので受注を一旦中止させていただきました。
生地の再生産、部品の再入荷ができ次第、また受注させていただきたいと思いますのでその際はよろしくお願いいたします。


先日決断したことが怪しくなってきた。
やっぱり不動産業界ってのは貸す側が強くて借りる側が弱い構造なんだなと改めて思わされた。この状況下でも全く優しさとか無いもんなぁ。。。土地持ちが権力を持ち小作に厳しい構図は江戸時代くらいから全く変わって無いんじゃ無いかと思うよ。
まぁ大家さんと管理する不動産屋さんによって考え方の違いがあるのは経験上もちろんわかるけど、今回は完全に外れだなと。元々僕が借りたわけでも無い物件を便宜上引き継ごうとしてるだけなのに今更昔のことをあーだこーだ言われても知らねーよって話なんだけどね。出来る限り粘ってみるけどどうなることやら。。。


今日の1曲目がこれだったから貼って終わりにします。
King Salami & The Cumberland Threeというイギリスで活動してるバンドの”Fourteen Blazin’ Bangers”ってアルバムに収録されている”They Don’t Know”。
聴いてて楽しくなるR&RというかR&Bというか。メンバーも多国籍で日本の方もいらっしゃった記憶が。何年か前に日本ツアーしてたよね?誰が呼んだんだっけ??ライブを生で見た記憶はある(笑

Load More